民事再生での債務整理

マイホームや車などの財産を確保したままで、ローンの債務整理ができるので利用する方が一番多いと言われているのが「民事再生により債務整理」です。

任意整理だけでは返済することは難しいとされる多額の借金を抱えている場合に一番適した打開策だと言えるでしょう。

例えば、マイホームのローンを除いた借金が5000万円以下の方が申し立てることが可能です。法律事務所に相談することで訴訟代理権がある弁護士が債務者である自分にかわって裁判所などに申し立てを行ってくれます。

それでは、借金はどれほど減額されるのでしょう。財産の総額などにもより違いはあります。最低金額は100万円以上の支払い義務がありますが、1/5から1/10まで減額することができますし、マイホームのローンなどが残っている場合には、利息の支払い義務も消滅します。

再生計画書に則り、約3年間で返済することが可能となります。また、民事再生の申し立てをするのにどうして借金を抱えてしまったのかなどという理由についても述べる必要はありません。

さて、民事再生を申請するにあたり、法律事務所に提出するものがいくつかあります。カード会社の情報やカード、借入額などがわかる請求書などの書類、自分の収入がわかる口座通帳などは、最初の相談時に必要となります。あとからいくらでも提出できますので、身構えずに勇気をもって法律事務所を訪れてみましょう。