債務整理でやり直す

抱える借金などの債務をどのような形にせよ、整理するための総称であると認識しましょう。法律用語ですから難しいかもしれませんが、代表的な債務整理について説明します。

「任意整理による債務整理」とは、弁護士や司法書士が自分にかわり、債権者(カード会社など)と交渉します。借金の額があまり多くなく、定期的な収入もしっかりとある場合に返済額を減らして、原則3年~最長5年間で分割返済をします。債権別に任意整理の申し立てを行えますので、マイホームを手放す必要がありません。

「特定調停による債務整理」とは、収入が不安定など借金を減額してもらったとしても支払い能力にかけるなどの恐れがある場合には、簡易裁判所に申し立てることで債権者と減額方法などを話し合います。裁判費用も低額ですが、債権者と和解合意するまで裁判所に出頭する必要があります

「民事再生による債務整理」とは、個人再生とも言われています。収入も安定していて今後の借金返済に対する支払い能力もあり、かなり高額の借金でも大幅に減額することで原則3年~最長5年間で支払います

ただし、ここで紹介した債務整理については共通するデメリットがあります。それは、信用情報機関に事故情報として登録されます。約7年~10年間はクレジットカードを作成したりなどの新たな借入ができなくなります。また、債務整理を行ったカード会社では二度とカードが作れないと思っていてください。